ネフパターン

ネフ社naefとは naefネフ)の積み木のパターン集ネフ画像なら


ネフ社naefとは

ネフパターン ネフ社naefとは
ネフ社naefの歴史

 スイスのネフ社naefは現在でこそ世界屈指の木製玩具メーカーであるが、1954年に創業者であるクルト・ネフ(Kurt Naef)氏が創業したのは家具の販売業であった。当時のスイスにはない斬新なデザインの北欧インテリアや自身がデザインした家具をその店で販売していた。

 1958年、家具職人でもあったネフ氏はデザインのよい玩具をつくることを考え、家具作りの合間に1つのおもちゃを作る。「ネフスピール」である。これが世界屈指の木製玩具メーカー誕生のきっかけとなった。

 ネフ夫妻だけで出発した小さなメーカーネフ社は、デザイナー、ベア・クラーセンと出会う。ネフ氏はクラーセンとの出会いをきっかけに、デザイナーから経営者へを転身を遂げ、その後も才能あふれるデザイナーを発掘し、次々と新しい発想の玩具を発表する。そして、21世紀に入った今でも世界の玩具に多くの影響を与えている。

 ネフ社へは現在、世界中のデザイナーから玩具のデザインが寄せられる。現在のネフ社製品の多くは、外部デザイナー作品の商品化である。デザイナーにとって、自分の作品がネフ社で商品化され、ネフ社のカタログと商品パッケージに自分の名が記されることは憧れであり、デザイナーとしての価値を高めることになるのである。

 と同時にこのことは、ネフ社がクオリティの高い木製玩具を生み出す加工技術を有していることの証明ともいえる。

 ネフ社の積木は、理論的にも美学的にも基本原理があり、その中に世界の仕組みが存在しているように感じさせる。それが、私たちの創造力を満足させ、無限の世界に導いてくれるのである。

▲ページの先頭へ

ネフファン ネフ社の積み木の画像と解説