ネフパターン

ネフ社 イマーゴ(naef Imago)について naefネフ)の積み木のパターン集ネフ画像なら


ネフ社 イマーゴ(naef Imago)

ネフパターン とにかく「カッコイイ」
お洒落で渋いモダンアート

 ネフ社のチーフデザイナー、ハイコ・ヒリック氏の1999年の作品。ヒリック氏はアークレインボウ、イカモなどの傑作を数多く生み出し、数々の賞を受賞しているがこの「イマーゴ」も国際的なデザイン賞「from2000」に輝いている。

 さて、このイマーゴ。とにかく「かっこいい」。この商品の特徴はなんといっても額縁である。他の商品では、「木箱」とか「木枠」という感じなのだが、イマーゴに関しては「額縁」というのが正しいだろう。その理由は「1、黒い縁の幅が広い」「2、板の裏側に壁掛け用に穴が2つ空いている」「3、パーツが抜けないよう周りに隙間がなくキッチリ入る」である。

 キーナーモザイク、イカモ、オルナボなど、ネフ社には他にもパターン遊びの積み木があるが、他の積み木が遊ぶことを重視して作られているのに対し、イマーゴは飾ることを前提に作られている。もちろん、イマーゴは遊んでも楽しい。「おもちゃは子どもの遊びでしょ?」なんて思っている人もイマーゴで遊べば、その認識は180度変わるはずである。
感性が刺激され、広がる創造力と楽しさに自分を再発見するだろう。

 イマーゴは一見すると単純なモザイクパズルであるが、何十回、何百回と繰り返し遊んでも、新しいパターンが生まれる刺激に満ちている。それはもう、おもちゃでなく、芸術といえるだろう。

 イマーゴのパーツも1ピース2.5センチの立方体。その印刷は寸分の狂いもなく、見事なまでに完璧で、見る者をうっとりさせるほど上質な存在感である。値段は高いが、実物を見れば、その完成度の高さに納得するはずである。もちろん、他のネフ製品と組み合わせても楽しい。

 高級な玩具しても、高級なインテリアとしても通用する逸品である。


ネフ社 イマーゴ(naef Imago)の画像一覧

ネフファン
ネフファン
ネフファン
ネフファン
ネフファン
ネフファン
ネフファン
ネフファン
ネフファン
ネフファン
ネフファン
ネフファン
ネフファン
▲ページの先頭へ


ネフファン ネフ社の積み木の画像と解説