ネフパターン

ネフ社 ルナ(naef Luna)について naefネフ)の積み木のパターン集ネフ画像なら


ネフ社 ルナ(naef Luna)

ネフパターン 月をモチーフにした弧と円
絶妙なバランスの曲線と色彩の傑作

 ルナは、外部デザイナー、フランチェスコ・ツッチィ氏の1998年の作品である。ネフ社へは現在、世界中のデザイナーから玩具のデザインが寄せられる。デザイナーにとって、自分の作品がネフ社で商品化され、ネフ社のカタログと商品パッケージに自分の名が記されることは憧れであり、デザイナーとしての価値を高めることになる。ネフ社もそうした流れによって優れた玩具を次々と誕生させることができるのである。

 さて、この「ルナ」であるが、「どうやって作るのだろう。」というのが最初に見たときの感想である。素人さんだと「木材を円にして、円の内側をカットするのだろう。」と考えがちだ。しかし、それだと機械の歯の分が削れてしまい、すべてをカットして最後に円にしたときには、楕円になってしまう。

 だから、別々に作ったパーツで円を作っているはずなのだ。私は、赤・青・緑と3セット持っているが、すべてキッチリとした円になっており、ネフ社の高い加工技術に感心させられた積み木なのである。

 ルナもネフ社の他の積み木同様、「積んでよし」「並べてよし」「重ねてよし」と三拍子揃った積み木だ。一見、1セット5パーツというシンプルな積み木だが、多種多様な遊びができる。その秘密は、「パーツの大きさのバランス」「計算しつくされた曲線」「絶妙なグラデーション」にある。シンプルでコンパクトだが、オブジェとしての美しさはネフ社のほかの積み木にひけを取らない。オフィス机の上に乗せるには、サイズ的にミニネフスピールかこのルナがオススメである。

 単色でも充分楽しめるが、他の積み木のように広がりのある積み木遊びをしたいなら、2色、3色と増やすとさらに楽しい。この積み木を実際に手にすると、曲線の滑らかさとグラデーションの美しさに「うっとり」してしまう。一見、地味な積み木だがやはり傑作なのだ。別の色の積み木を混ぜて遊んも、それぞれが完璧な円になる姿は圧巻である。

 この積み木の不思議な魅力は、遊ぶ手を贅沢な気持ちにさせてくれることである。

 女性へのプレゼントでもおしゃれで喜ばれる逸品である。


ネフ社 ルナ(naef Luna)の画像一覧

ネフファン
ネフファン
ネフファン
ネフファン
ネフファン
ネフファン
ネフファン
ネフファン
ネフファン
ネフファン
ネフファン
ネフファン
ネフファン
ネフファン
ネフファン
ネフファン
▲ページの先頭へ


ネフファン ネフ社の積み木の画像と解説