ネフパターン

ネフ社 ニキ(naef Niki)について naefネフ)の積み木のパターン集ネフ画像なら


ネフ社 ニキ(naef Niki)

ネフパターン 日本の赤ちゃん向けに開発された
木のおしゃぶり姉妹のお姉さん

ネフ社の日本総代理店である「アトリエニキティキ」が日本の赤ちゃんのために開発を依頼した特別仕様のおしゃぶりである。1988年に誕生したのが「ニキ」、1992年に誕生したのが「ティキ」である。2つ合わせて「ニキティキ」。安易なネーミングに笑ってしまったのは私だけではないだろう。
さて、特別仕様といっても誕生から20年になるロングセラー商品であり、今や完全に定番商品といえる。で、実は両方ともかなりの人気商品である。人気の秘密は「やや小さく」「やや軽く」作られていることだろう。他の棒状の「おしゃぶり」と比べてと
ドリオ・・・65g
ケルバ・・・60g
ニキ・・・40g
ティキ・・・35g
「ニキ」と「ティキ」が軽いのが分かる。
わっか系は
リングリィリング・・・25g
グリフィ・・・45g
である。
ニキの特徴は、4つの玉が板で仕切られていることである。薄い板なので軽く振っただけで「コロコロ」と優しい音色がする。逆さにすると、4つの玉が当たる。この型のおしゃぶりは類似品がなく、それでいて子どもの興味を惹くという点はすばらしい。もちろん、素材、配色、仕上げは申し分ない
また、4つの玉の中には小さな白い玉が入っている。これは、本体からひもでつながっている玉を留めているのだが、普通はひもを結ぶという加工をするものだが、それだと舐めたり、噛んだり、するうちに糸が出たり、濡れ乾きを繰り返してガビガビになるのだが、それを防ぐためのようである。
持ち手の部分も、他のおしゃぶり同様、子どもが舐めても喉までいかないよう、それでいて軽くなるように工夫した形になっている。
さすがはネフnaef。「よく考えられている」と思わせる傑作である。

ネフ社 ニキ(naef Niki)の画像一覧

ネフファン
▲ページの先頭へ


ネフファン ネフ社の積み木の画像と解説